アルベルト・アインシュタインはドイツ生まれのユダヤ人の理論物理学者です。

特殊相対性理論、一般相対性理論、相対性宇宙論などを提唱した業績により、20世紀最大の物理学者や、現代物理学の父と呼ばれています。

1921年には、ノーベル物理学賞を受賞しています。

アインシュタイン

アインシュタインのADHDに関するエピソード(子供時代)

5歳頃まではほとんど言葉を話しませんでしたが、

後にトーマス・ソウェルが優れた人々が

幼少期遅くなってから口をきき始めることを「アインシュタイン症候群」と名付けました。

スポンサーリンク

話せなかったのか、才能を発揮する前の充電期間だったのかはわかりませんが

同じように言葉がとても遅いという人も、まれにいたということでしょう。

アインシュタインの科学への興味の引き金となったのは
5歳の時に父からもらった方位磁針でした。

容器がどちらに向いても針は常に同じ方向を指すことに興味を持ったのです。

数学と物理の成績はすごく優秀だけど現代語や生物はまったくだめ…

そんなアインシュタインは、ADHDとも、サヴァン症候群ともアスペルガー症候群ともいわれています。

それだけ天才的な脳の持ち主だということが、子供のころから見られたのでしょう。

アインシュタインのADHDに関するエピソード(成人後)

アインシュタインの回想に

「私は、いかなる国家にも、また、友人が作るサークルにも、所属したことはありません。自分の家族とさえ距離を保ちました。自分自身の中に、引きこもる必要性は、年々増しました。孤立を守ったせいで、しばしば、苦い思いをしましたが、後悔したことは、一度もありません。他人の理解や同情を受け付けなければ、彼らの意見や、偏見からも自由でいられます。」

というのがあります。

孤立こそが、彼に、自由に物理学に没頭できる人生を与えたのでしょう。

スポンサーリンク