モーツァルトはオーストリアの作曲家、演奏家で、ハイドン、ベートーヴェンと並んでウイーン古典派三大巨匠の一人です。

4大オペラ:フィガロの結婚、ドン・ジョヴァンニ、コジ・ファン・トゥッテ、魔笛など

有名な作品は多数あり、生涯で600曲以上の作品を残しました。

モーツァルト

スポンサーリンク

モーツァルトのADHDに関するエピソード(子供時代)

3歳でクラヴィーア(ピアノの前身の楽器)、4歳でチェンバロを弾き、5歳で初めて作曲

6歳でマリア・テレジアの御前演奏をしました。

ヴァイオリニストの父がモーツァルトの才能を見抜き、幼少時から音楽教育を始めたのです。

6歳以降ヨーロッパ各地を父と共に演奏旅行をしています。

モーツァルトのADHDに関するエピソード(成人後)

楽譜を見ながらでも別の作品の構想を頭の中で描いたり

長い曲でも一度聞いただけで楽譜を書けたりと

モーツアルトの天才的な逸話はたくさんあります。

一方、作曲については精力的な思考と何時間にも及ぶ努力が必要だったとも語っています。

莫大な収入がある一方、浪費家、ギャンブル好きで晩年は借金がたくさんあったようです。

幼児性があったとも言われていますが、浪費癖や、いくつかの下品な名前の作品の為かもしれません。

35歳で亡くなりましたが、ハイドンはこの先100年経っても彼の様な天才は現れないと言い、死を嘆きました。

スポンサーリンク