多動性障害 幼児 特徴

多動性障害は一般的にADHDと略して呼ばれることも多いですが
育て方や育児環境によってではなく、発達特性や遺伝的な要因により発症します。

多動性障害の症状としては、周囲への注意力不足、集団行動中に黙ってじっとしていられない
物事を説明するのが苦手等様々で、小学校入学前後に発見されること多々あります。

それでは、もし自分の子どもが多動性障害だと分かったら
どのように治療し、接していけばよいのでしょうか??

多動性障害の幼児との接し方

多動性障害の幼児の特徴は冒頭で少し述べましたが
本人は悪気が無くとも
社会生活を送る上ではどうしても他人に迷惑をかけてしまいます。

遺伝的な要素が強い為、完治は難しいと言われていますが
日頃の接し方や成長とともに、症状改善が期待できます。

まず日頃の接し方としては
何かができなかったり失敗してしまった時に、厳しくしかりつけるのではなく
まずはお子さんを落ち着かせるようにしてみて下さい。

そして落ち着いてから、次はこうしてみたらどう??
など具体的な指示をしてみます。

その後うまく行動することができたら、褒めてみる。
これを繰り返してみましょう。

どうしても注意する必要がある時は、頭ごなしに怒らずに
優しく語りかけるように接してあげてください。

近づいて顔を見ながら穏やかな声で好ましくない行為をしたことを教えてあげましょう。

治療法に関しては、専門の医療機関でのトレーニング等の心理療法と
薬を用いた薬物療法とがありますが、主治医の先生と相談して
一歩一歩進めていくのが良いかと思います。

長期的な取り組みが必要ではありますが、症状は必ずよくなっていくでしょう。
あまり気負わずに、日々お子さんと向き合ってみて下さい。