最近特に子供を持つ親の間で関心を集めているADHD。

ADHDというフレーズを聞いたことがある親御さんも多いと思います。

ADHDは多動性・衝動性・不注意をその特徴とする発達障害の一種で、主に7歳の学童期までに症状の全貌が明らかになることが多いです。

2~3歳の幼児期に症状の兆候が現れるので、この時期に診断を受けてADHDであることが明らかになることがあります。

ADHDは治療可能な症状なので、ADHDと診断されたらそのまま治療に入っていくことになりますが、その治療法は医師やその子供によってもさまざまです。

ADHDの治療法の一つとして、薬の投与があります。

子供 adhd 薬

このADHDの薬を子供に投与することについて問題はないのか、不安に感じている方も多いことから、今回はADHDの子供と薬について考察してみました。

ADHDの薬の種類について

ADHDの薬には、主に中枢神経刺激薬と非中枢神経刺激薬があります。

中枢神経刺激薬は脳内のドーパミンの分泌を促すもので、食欲不振や不眠、腹痛や発熱が顕れたり、ひどいケースだと狭心症等のリスクもあると言われています。

スポンサーリンク

非中枢神経刺激薬は、脳内のノルアドレナリンの取り込みを抑制するもので、食欲不振や傾眠、腹痛等の副作用があり、まれに暴力的になったり自殺願望が生じることもあると言われています。

大人でもこのような症状が出るのですから子供に対する影響は絶大だと言えるでしょう。また脳に直接作用する薬ですので、成長期の子供に対する影響は大人とは違ったものがあることも十分考えられます。

子供、特に幼児へADHD治療として薬は使うべきなのか

子供のADHD治療に薬は使うべきではないのでしょうか。

これは一概にはどちらとも言い切れません。というのも、子供の中には多動性がとても顕著に顕れていて、四六時中動き回るのでいつ何時車にはねられるなどの交通事故に遭うかもわからない、と言ったような急を要する子供ももいるからです。

このような子供の場合、とり急ぎ薬を用いてでも子供を落ち着かせて命の安全を守りながら、長期的な治療を開始すべきでしょう。

このように子供のADHDの場合、薬に頼りすぎるのは良くないですが、最低限必要な範囲では薬を使い、主には教育・療育的な支援を用いて環境を整えるなどして、工夫して組み合わせながら治療をすすめていくのが良いでしょう。

もしあなたが、発達障害のお子様を育てていて、お困りのことがあればご一読ください
 ⇒ 子供の発達障害改善方法

スポンサーリンク