スポンサーリンク

    一般社団法人日本医療福祉教育コミュニケーション協会(略称:AMWECジャパン)

    で認定している民間資格です。

    発達障害に関する基礎的な知識や関わり方の基本を習得

    計画、相談、指導に及ぶまで

    初級、中級、上級指導者の3段階があります。

    発達障害コミュニケーション指導者資格

    発達障害コミュニケーション指導者資格の取り方と出来る事

    主な資格取得条件、到達目標は以下となります。

    【初級指導者】
    認定条件:1日講習+レポート提出
     目標 :基礎的知識やかかわりの基本の習得


    【中級指導者】

    認定条件:講習10時間以上+レポート提出、初級指導者で1年以上の実務経験
     目標 :専門的知識の習得と関わりができる、個別・集団指導ができる


    【上級指導者】

    認定条件:講習35時間7日間以上、筆記試験、中級指導者で3年以上の実務経験
     目標 :専門的な知識・関わり方・法制度を熟知、個別支援計画や集団指導の立案ができる
         当事者・保護者の相談にのれる、発達障害に関する職員の指導ができる

    スポンサーリンク

    講座を修了し、検定に合格した受講者には、AMWECジャパンが認定証を発行します。

    それぞれ、他にも細かい条件はありますが

    基本、中級までは一般の方でも受講が可能となっています。

    また、講座を直接受講できない方のためにも

    中級指導者資格まではオンライン講座にて受講も可能なので

    普段お仕事をされている方など

    忙しい方でも受けることができるのはとても魅力です。

     ⇒ 発達障害コミュニケーション初級指導者講習会DVD

    AMWECの理事長は長年医療に携わられており

    講座の講師も勤めている方です。

    長年、発達障害に携わられているだけあり

    事例も含めて説明をするその内容はとても理解しやすく

    今現在、発達障害に関わられている方だけではなく

    今後、発達障害を学びたいという方にも

    とても役に立つであろう講座内容となっています。

    発達障害についての公的な認定資格は今までありませんでしたが、

    「発達障害」というものが世間に認知されてきている今

    公的資格ではないまでも、こういった資格を活かし

    しっかりとした知識を持つ方々の支援の輪が

    広がっていくことを願いたいです。

    スポンサーリンク