ADHDってご存じですか??これは、最近注目されている発達障害の一種で

注意欠陥多動性障害 Attention Deficit Hyperactivity Disorder

それぞれの特徴となるスペルの頭文字をとった呼称です。

具体的には
多動性 ・・・ 落ち着きがない
衝動性 ・・・ 思いつきの行動が多い
不注意 ・・・ 物忘れが多い

などを特徴とする発達障害の一つと言われています。

ADHDは元々、子供特有の病気と考えられており、成人になるにつれ

改善すると思われていましたが近年では大人になっても

およそ70%はADHDが改善しないことが明らかになりました。

厚生労働省の疫学調査では

成人の1.65%以上にADHDがある。という結果も発表されています
※平成26年人口推計で1億2702万人とされていますから『2,095,830人』以上となります

多動性、衝動性に関しては、成長によって改善するようですが

大人に見られるADHDは不注意による症状が多くみられ落ち着きがないようです。

集中力に欠けるため、社会に適応する力が少ないですが

病気が原因であるにもかかわらず、ADHD自体の認識が広まっていないため

本人の問題であるととらえられがちです。

今回はこのように大きな問題となっている

注意欠陥多動性障害(ADHD)の発達障害について特集してみたいと思います。
発達障害 大人

注意欠陥多動性障害(ADHD)に見られる発達障害の症状

ADHDは主に学童期7歳頃までに発症する発達障害の一種です。

落ち着きがなかったり一人で勝手な行動をしてしまったり

物事に集中できないなどの特徴があります。

集団行動が苦手な場合が多く、例を挙げるのであれば

学校や友人などとうまくいかなかったりすることが多いです。

このようなADHDのうち、約30%は成人になると改善されるのですが、

スポンサーリンク

残りの70%は成人しても症状が残ると言われています。

大人のADHDは『社会性が足りない』と評価されてしまいがちで、

たとえば入試や就職が失敗しがちであり、

就職後も仕事が続きにくいなどのことが多いです。

すると、結果的に収入が減ってしまい、結婚もしにくいということにもなります。

このように大人もADHDにかかりますので、

何となく周りとうまくいかないと感じる方の場合、

一度きちんとADHDの診断を受けてみた方が良いかもしれません。

※ADHDはここ数年で認知され始めたばかりですから
30代~50代の方がもしかしたら『大人ADHD』に該当するかもしれません
大人のADHD

ADHDの治療に関する日本の現状と対策

このADHDですが日本ではその対策は欧米諸国等と比較すると遅れがちです。

2005年にようやく『発達障害者支援法』が成立し、

これにより支援体制が以前よりは整ったとは言え、まだまだ専門医は圧倒的に少ない現状。

ADHD診療

大人のADHD専門医や適切な医療を受けられる環境が整っているとは言えません。

ただ、インターネットサービスでもADHDの専門医を検索できますし、

大々的には宣伝していなくとも診療可能な医師は存在します。

子供のADHDにしか触れていなくても、

大人のADHDも見てくれる医療機関も少なからず存在しますので、

気になる病院があれば、一度問い合わせADHDについて問い合わせてみると良いでしょう。

スポンサーリンク