ADHDの原因は脳の機能障害や遺伝、家庭環境など様々な要素が考えられます。
またADHDは、はっきり原因が解明されていなく、分からない部分が多いですが後天的な環境、習慣が与える影響が大きいのは確かです。

ADHDと環境、習慣の関連性について説明します。

ADHD 原因 後天的

ADHDは家族性が高い

ADHDの家族性の高さは様々な調査で明らかになっています。

家族性とは家族内に発症している方がいる場合
ADHDの発症確率が高くなることで生活習慣病や近視などによく見られる傾向です。

ADHDは家族性が高く特に親子関係の影響力が大きく関わります。

その為、家庭内環境とADHDは高い関連性があると考えられます。

ADHDは生活習慣によって症状を改善出来る

ADHDが発症している方の脳の働きは成人になっても変わらないです。

その為、ADHDを完治することはできません。
しかし環境、習慣を変えることで生活に支障無く暮らすことが可能です。

スポンサーリンク

ADHDだから働くことが困難な仕事も無く

あらゆる職業に就くことができ社会生活が送れます。

どちらかというと、サラリーマンなどの会社員等よりは

デザイナーなどのアーティストや科学者等の専門的な分野が向いているかもしれません。

ADHD改善に効果的な生活習慣

ADHDの特徴として 不注意 多動性 衝動性 の3つが挙げられます。

その為「不注意」による忘れ物や「多動性」「衝動性」による集中力の欠如といったミスをしやすいです。

「不注意」を減らすためには計画的に行動することが大切です。
毎日のスケジュールを手帳に付けるなど規則的に生活出来る環境を整えることで改善できます。

「多動性」「衝動性」を改善するためには身の回りの整理整頓が大切です。
仕事、勉強など高い集中力の維持が必要な時には、他のことに興味が移らないように周囲を整理整頓しましょう。

ADHDの後天的な原因についてのまとめ

ADHDは完治することができない障害です。

しかし環境を整えることや生活習慣を身に付けることで快適に生活が送れます。

計画性が欠如することが多いですが、計画的な行動を心掛けることで症状を改善できます。

スポンサーリンク