ADHDは 不注意 多動性 衝動性 といった特徴的な行動を取ってしまう発達障害の1つです。

ではADHDはどのようにして発症するのか、原因についてまとめました。

ADHD 原因 親

実はまだ、ADHDの原因は解明されていない

ADHDの明確な原因は、まだはっきりとは解明されてはいません。

しかし現在最も濃厚とされているのは脳内の障害です。

ただ、遺伝や親の育て方など家庭環境も無関係とは言い難く

高い関連性があると考えられています。

ADHDは脳内での障害が原因である可能性が高い

ADHDの原因として最も濃厚とされているのが脳の障害です。

脳内の前頭前野 ・ 脳内の神経伝達物質 のいずれかにある障害が原因ではないかと考えられています。

スポンサーリンク

◆脳内の前頭前野
脳内の前頭前野とは脳の前方にある行動を制御する働きがあると言われる部分です。
脳内の前頭前野に障害があると行動がうまく制御できずにADHDが発症してしまうと考えられています。

◆脳内の神経伝達物質
ドーパミンに代表される脳内の神経伝達物質に障害がある場合もADHDが発症する原因と言われています。
脳内の神経伝達物質が過剰に分泌されてしまうことがADHDの症状である
不注意 多動性 衝動性 との関連性が高いと考えられています。

育て方や育った環境、親からの遺伝などのADHD因果性

両親のいずれかがADHDを発症している子供はADHDである確率が高い
というデータがあります。

このデータから考えられるADHDの原因は遺伝家庭環境です。

◆遺伝
ADHDが脳内の機能障害だとすると遺伝する可能性は高いです。
しかし検査で明確にできるADHDの遺伝子物質が発見されている訳ではありません。

◆家庭環境
両親のいずれかが家庭内でADHDの症状である
不注意 多動性 衝動性 といった行動を取ったことにも
子供のADHD発症との関連性が考えられています。

明確になっていない部分が多いADHDですが

脳機能障害が最も関連性の高い原因と考えられています。

スポンサーリンク