最近子供を持つ親たちの間で特に関心を引いている言葉があります。それはADHDです。

「聞いたことはある」という方も多いのではないでしょうか。

これは発達障害の一種で多動性・衝動性・不注意をその特徴とするものと言われています。

主に7歳の学童期までに発症することが多く、男児の方が女児よりも発症率が高いです。

2歳 ADHD 特徴

ADHDの症状として、落ち着きがなかったり我慢ができなかったり集中力がなく、周囲とトラブルを起こしがちであったりします。

ADHDは生後数ヶ月などの乳児期に発症することもありますが、この頃は発症しても気づきにくく、2~3歳頃になると症状が顕著に顕れやすいと言われています。

そこで今回は2歳頃のADHDの子供の特徴を見てみたいと思います。

2歳頃にみられる子供のADHD特徴

先にも述べたとおり、子供が2歳頃になるとADHDの子供の場合、少し他の子供と違うと感じることが出てきます。

たとえば同じ年齢の子供たちと比べると、常に落ち着きがなくじっと座っていられない。じっとしていられないので、食事の時などに大変苦労したりするケースがあります。特に外食の際興奮して走り回って捕まえるのも大変、などということもあります。

スポンサーリンク

外へ買い物に行ったときなど一人でどこかへ行ってしまってトラブルになることもあります。迷子になることはしょっちゅう出てきたりします。

迷子 子供

何度注意しても同じことを繰り返してしまったり、叱ってもまったく聞かずに勝手におもちゃで遊んでいたりすることもあります。

2歳頃のADHDの子供との接し方

2歳頃の子供についてADHDが疑われるときは、すぐに専門医の診断を受けてADHDかどうか明らかにしておきましょう。

そしてADHDの場合、子供の問題行動は性格的な問題ではなく発達障害が原因ですので、やみくもに叱るではなく親は子供に寄り添って子供と一緒に一歩ずつ前に進んでいくようにしましょう。

治療も可能な症状なので専門医と相談しながらその子に合った治療を続けていきましょう。

保育園に入る際などは、周囲とのトラブルが予想されますので、理解のある園を選ぶことが大切だと思われます。

もしあなたが、発達障害のお子様を育てていて、お困りのことがあればご一読ください
 ⇒ 子供の発達障害改善方法

スポンサーリンク