スポンサーリンク

    もちろん、専門の医療機関で、適切なアドバイス、適切な投薬などがあげられます。

    発達障害は完治するものではありません。

    ただ、早いうちから適切な対応をするとしないとでは、大きな差が出ます。

    ADHD含む発達障害の方を支援する方法を考えてみましょう。

    ADHDの 支援 方法

    発達障害やADHDなどの障害者を支援する手段

    「支援」と聞いて思い浮かぶことは

    ・発達障害を診断できる専門の機関

    ・療育を行う機関

    ・特別支援級、通級

    ・障害者支援企業

    ・その他の相談機関 etc...

    上記は、一般的にすぐ頭に浮かぶイメージかと思います。

    もちろん、こういったサポート機関は必要です。

    しかし現状ではこのような専門機関は

    かなりの数が不足しており、予約するにも数ヶ月、数年待ち、というところばかり...

    これだけ、「発達障害」の当事者が増えてきているにも関わらず

    支援は行き届いていないのが現状です。

    この点については、今後の課題とも言えるのではないでしょうか。

    ただ、その中でもできる「支援」というものがあります。

    それは、「周りの理解」です。

    スポンサーリンク

    その本人を取り巻く周りの環境がとても大切であるということです。

    周りにどれだけの理解があるか、そしてどれだけのサポートがあるか。

    どんなに有名な病院に通っても

    どんなに薬を飲んでもそれだけでは当事者の

    根本的な部分の生きにくさは変わりません。

    子供であれば、この先も続く長い歩みの中で、自分の力で解決しなければ

    いけないことが山ほど出てきます。

    まして、「発達障害」ともなれば、

    うまく周りとのコミュニケーションがとれない...

    自分の思いが伝わらない...

    そんな壁にぶつかることがたくさん出てきます。

    そんな時に助けられるのはこれまで

    自分の力でやってきたことに対する自信や知識です。

    発達障害の人達は、自尊感情が低いと言われています。

    それは、目に見えない障害ゆえに周りに理解されることが少なく

    注意されることが多かったりという環境が

    「自分はできないんだ」という、自尊感情の低さにつながっているのです。

    もし、あなたの周りに発達障害の人がいたなら...

    理解できないことは多々あるでしょう

    腹が立つこともあるでしょう

    辛いこともあるでしょう

    でも、ちょっとしたことでも良いので、認めてあげてください

    「認めること」

    小さなことでも認める。

    その積み重ねは、彼らの大きな自信となり、大きな力となります。

    筆者には発達障害の息子がいます。

    長年、試行錯誤繰り返してきましたが、今強く言えることは

    「認めること」こそが、一番の「支援」だということです。

    スポンサーリンク