ADHDと言えば

片付けが苦手な障害でもあります。

ADHDを患っていると

どうやっても部屋が散らかってしまう。

もしくは

綺麗にならない。

これらの事に悩まされている患者さんは本当に多いです。

ここで間違えてはいけないのは、ADHDの人は総じて

片付けをしたくないのではなく、片付けが出来ない。のだということ。

小さなころから母親に片付けなさい!!と言われても

障害特性であるためにできなかったという記憶を持つADHDの人はそのことにコンプレックスを抱いていることも多いです。

(※ADHDはその人によって症状が異なるため、中にはきちんと片付けができる人もいます)

ADHD 片付けられない

ADHDだとどうして片付けられないのか

ADHDの人が片付けを苦手とする理由にはいくつかの理由があります。

まず、少しずつではなくて一気に片付けようとしてしまうこと。

通常の人が片付けをする場合

今日はこの場所を片付けよう!!と決めてすると思います。

ですが、ADHDの人だとそうではなく

一気に全部を片付けようとしてしまうために

どうしても時間がかかり結果として片付きにくくなってしまう。ということです。

一例を挙げると

本棚を片付けていたはずなのに、気付くと途中にも関わらず洗面台の下を片付けはじめてしまう。次第に集中力がなくなって、掃除をやめてしまいます。

ADHDの人は

優先順位をつけること

二つのものを同時進行させる

ことがとても苦手なのでどうしてもこういった問題が出てきてしまうのです。

どこから先に片付けていいかわからないから一気に掃除をする
 ⇒ 優先順位がつけられない

スポンサーリンク

いろんな場所に手を付けて、集中力が無くなって掃除自体をやめてしまう
 ⇒ 同時進行ができない

これが、ADHDの片付けができない。片付けられない理由です。

ADHDだと物を捨てられなくなってしまう理由と浪費家と言われる由縁

ADHDの患者さんの中には物を捨てることが苦手な人もいます。

片付けの基本は不要なものを捨てるということ。

ADHDの人は 不要な物 と 必要なもの の区別が曖昧になってしまうことが多い。

区別が曖昧なので不用品を無駄に溜め込んでしまったり、何個も同じものがある。という事に...

これらが結果的にどんどん物がたまってしまう原因にもなっています。

この不要なものと必要なものの区別がつけられないことは買い物の仕方にも影響が出ます。

明らかに自分にとって不要なものなのにも関わらず

無料 割引 やなどの言葉に惹かれてもらってしまったり買ってしまったり。

これが物を増やしている一因にもなりますし、お金が貯まらない原因にもつながっています。

ADHDだけど片付け下手にならない為の具体的な対策

まず、箱をいくつか用意します。
その箱に、洋服や文具など目的別に収納できる準備をしましょう。

そして、床に散らばったものを片付ける時にはその箱に分別して入れましょう!!

たったコレだけで、床が予想以上にキレイになるはずです。

だけど、収納するスペースを設けすぎると入れておけばいいや~

と、なってしまいます。

収納は必要以上に足すことなく、潔く断捨離の決断を!!

どれが捨てるべきなのか??など、迷ってしまうような場合には

一定の期間が過ぎたものは捨てる。など、明確なルールを作るとやりやすくなります。

雑誌は新しい刊を買ったら、古いものは捨てる。という感じにすれば、物は溜まりません。

ADHDは根本的な治療は難しいですが

工夫次第で障害特性による困り感は軽減することが可能です。

医師や親族と相談しながら、自分に合った対処を調べておくことが大切です。

スポンサーリンク