ADHDの症状として有名なのが多動なのですが

それと同じくらい物忘れについても認知度が高いです。

この物忘れについて、成人後にも非常に苦しい思いをしている患者は少なくありません...

例えば

・持って出ようとしたバッグを玄関に置き忘れてしまう。

・掃除をしていたら偶然見つけた漫画を見つけて読みふけってしまう。

・せっかく購入したのにすぐに紛失。同じものをまた買い直してしまう。

・手に財布を持ってバッグを探していたが、バッグを見つけた時には財布が行方不明。

これらすべてADHDの典型的な症状です。

ADHD 物忘れ 特徴

え??でも、私だってそういうことあるよ??と健常者は思うかもしれません...

でも、自分で治そうと思ってもなかなか症状が改善せず

本人がずっと苦しみ続けてしまうのがこの障害です。

一度買ったものが行方不明になり、再度買った後にひょっこり出てくることってありますよね。

そうなると、家の中には同じものがあふれてしまうことになります。

なぜ物を大切にしないの??

なぜ同じものばかり買うの??

と注意されがちなのですが
こういった行動の背景には障害特性というきちんとした理由があるのです。

ADHDだとなぜこんなにも物をなくしてしまうのか??

どうしてこのような物忘れが頻繁に起こるのでしょうか。

それには、ADHDの人の記憶の仕方が大きく関わっています。

健常者が何かを探す時は

大抵の場合は、なんとなく置いてあった場所は覚えているということがほとんど。

確か、このあたりにおいたはず...

とあたりをつけて探すことができるので、見つかるのも早いです。

一方、ADHDの人はどうかというと。

ADHDの人の場合だと、どこに置いたのかさっぱり記憶にないのです。

スポンサーリンク

生活していると、なんとなく物をおくという行為が出てきますよね。

健常者であれば無意識でも置いた場所をなんとなく記憶することができますが

ADHDだとその、なんとなくの記憶を思い出す事ができません。

完全に置いた場所を忘れてしまうので、物を紛失する頻度が多くなるのです。

短期的な記憶が苦手だからADHDだと物忘れが激しい

人間の記憶の種類には

長い間覚えている長期記憶 と

短い出来事を覚えている短期記憶 があります。

短期記憶というのは短い間のことを覚えておく記憶で、例を元にすると『財布をどこに置いたか』などの記憶がこの短期記憶に該当します。

一般的にADHDの人の場合はこの短期記憶が弱いと言われています。

短期記憶が弱いために

物を置いた場所がどこか解らない...などという問題が起きやすいのです。

ADHDの物忘れに対応するための手段

実際にADHDになやまされている人が実践した方法に

なんでも入れられる箱をおいておく。というものがあります。

何かものを置きたい!!と思ったら、とにかくそこに放り込んでしまう。

そうすると、あとで必要になった時はその箱を探せば出てきます。

これが、物によって置く場所を決めてしまうとADHDの人は苦手意識が出てきてしまいます。

だから、1つだけ大きいボックスを用意してそこに入れる。

こうすることで、あとから物を探す手間はぐんと減るはずです。

鍵などは玄関の横にかけるところを作っておくと失くす事が少なくなりますよ。

また、オススメなのが

手を叩くと音がなって場所を教えてくれるキーホルダー

これを鍵につけておくと、紛失した時に手を叩けば場所を教えてくれます。

このように、物忘れを予防する対策はいくつかありますので、一つずつ実践することで症状の軽減をすることは可能です。

スポンサーリンク