ADHDってご存じですか?? ADHDは注意欠陥多動性障害と言われ

Attention Deficit Hyperactivity Disorder 』の頭文字をとった呼び方です

これは発達障害の一種で、多動性・衝動性・不注意をその特徴とするものと言われています。

ADHDを具体的な症状、行動に表現すると

落ち着きがなかったり、我慢ができなかったり、物事に集中できなかったり

などの行動が集団行動上でのトラブルにつながります。

主に7歳までの学童期に発症することが多いですが、

いったんADHDを発症してしまうと

成人になってもADHDHの症状が残ることが多いのも特徴

ただ改善に向かう手段はあり、ADHD自体は投薬等で治療可能なので、

ADHDと診断された場合、投薬による改善が試みられます。

コンサータ

ADHDで処方される薬の一つに「コンサータ」という薬があります。

そこで今回はそのコンサータの副作用について調べてみました。

ADHDの薬コンサータとは

そもそもADHDは、脳内の神経伝達物質がたりないことによって起こる症状と言われています。

この点コンサータは、中枢神経刺激タイプの精神薬です。

これは脳の中でのドーパミン(神経伝達物質の一つ)の分泌を促してADHDを改善します。

非中枢神経刺激薬であるストラテラとは異なる種類の薬です。

スポンサーリンク

ドーパミンの分泌が促されるので、物事に対するやる気が出てきたり、

注意力が高まったり落ち着きがない症状が改善されたりします。

しかし、脳に作用する強い薬なので、副作用も大きいです。

服用の8割以上が副作用を引き起こすコンサータの依存性

コンサータを服用した方の80%に副作用が出ると言われています。
コンサータ 依存
具体的には、うつ気味になったり食欲不振が顕れたり、

不眠になったり腹痛やチック、発熱等の症状が現れることがあります。

その他重大な物になると脳梗塞や狭心症につながるリスクもあると言われます。

一部では依存性があるという指摘もあり、医師と相談した上で適量を調べた上で正しく服用することが重要と思います。

実際の使用感を聞いてみると、食欲不振の副作用が出る方がかなり多いようです。

子供の場合は「落ち着きすぎてこわい」と心配になるケースもあるようです。

ただ副作用の出方には個人差がありますので、医師と相談しながら

適切に適量を服用するようにすればトラブルが少なくて済むと考えられます。

もしあなたがコンサータの副作用でお困りなら、コチラが役に立つかも知れません ⇒ 大人の発達障害改善方法

スポンサーリンク