スポンサーリンク

    うちの子は何か他の子と違うような気がする。何となく自分は社会生活がしっくり行かない気がする。

    そんな「違和感」を感じるとき、疑ってみてもよい症状があります。

    それはADHDです。ADHDとは、発達障害の一種で、多動性・衝動性・不注意をその特徴とするもので、学童期の子供の7~10%はADHDであるとも言われています。

    ADHDだと、落ち着きがなかったり我慢ができなかったり集中力がないなどの行動が起こり、周囲とトラブルになりがちです。

    今まで子供の個性とか親のしつけ方が悪いということで片付けられていたのが、実は発達障害だったことがわかり、注目を集めているのです。

    このADHDの治療法の一つに薬の服用があります。そしてその代表的な薬の一つにコンサータがあります。

    これはいったいどのような薬なのでしょうか。今回はADHDの薬「コンサータ」について特集してみました。

    ADHD 薬 コンサータ

    ADHD薬コンサータの効果と具体的な作用

    コンサータとはいったいどのような効用を持つ薬なのでしょうか。

    スポンサーリンク

    そもそもADHDは、脳内の神経伝達物質の分泌が不足することが原因で起こります。そこで、脳内の神経伝達物質を増やすことで症状を改善できるのです。

    コンサータは、神経伝達物質であるドーパミンの分泌を促す薬です。脳に直接作用する中枢神経刺激薬の一種です。

    このコンサータの服用により、多動性・衝動性・不注意のすべての症状に対し効果があると言われています。

    コンサータの危険性とコンサータの副作用

    コンサータの服用には危険はないのでしょうか。

    まず、コンサータは脳に直接作用する強い薬であり、依存性が高いと言われています。ですので大人には処方が認められていません。

    また、食欲不振、チック、発熱、不眠、腹痛等の副作用が顕れることもあります。特に食欲不振はよく顕れるようです。

    さらにまれに脳梗塞や狭心症につながるリスクもあると言われています。

    成長期のお子様に長期間使い続けることによって、予測できない影響を及ぼす可能性もあると言えます。

    ですので、コンサータの服用については、専門医の指導の下、必要な範囲での服用にとどめ、主な治療法としては教育・療育環境を整える工夫をした方が良いでしょう。

    もしあなたがコンサータの副作用でお困りなら、コチラが役に立つかも知れません ⇒ 大人の発達障害改善方法

    スポンサーリンク