ADHDは完治することはできない機能障害ですが症状を緩和することは可能です。

ドラッグストアなどで販売されている市販薬の他、サプリメントにもADHDの症状緩和効果が期待されるものがあります。
また薬と違い、サプリメントには基本副作用がありません。
処方薬と併用することも可能なのでより高い緩和効果が期待できます。

ADHD 薬 市販

市販薬と処方薬の違いについて

市販薬が処方薬と大きく違う所は、医師の処方箋が無くても誰でも気軽に購入出来ることです。
ドラッグストアなど近所で入手できることが最大のメリットでしょう。

しかし、万人が使うことを想定しているため、効き目が弱い…というのが、弱点です。
ADHDなどしっかりとした対処が必要な場合は、市販薬に走らずクリニックで診断を受け専門的な診療を受ける方が良いでしょう。

ADHDにおける市販薬の位置づけ

ADHDは風邪や下痢などと違い緊急の治療薬が必要になることはありません。

そのためADHDそのものを治療する市販薬は販売されていません。

しかし、ADHDの症状である

スポンサーリンク

不注意 多動性 衝動性 の緩和が期待出来る
市販薬やサプリメントを取り入れることで
より快適に社会生活が送れるようになるのではないでしょうか。

ADHDの症状改善にはDHA EPAがオススメ

●DHA (不飽和脂肪酸)
脳内の神経伝達物質を活性化させる効果があります。
「不注意」「多動性」の緩和したい方にオススメです。

●EPA(多価不飽和脂肪酸)
神経伝達物質「セロトニン」に作用し精神安定を促す効果があります。
「衝動性」を抑えたい方にオススメです。

DHAやEPAはドラッグストアなどで簡単に手に入れることができます。
これらは副作用の心配もほとんど無く安全性も高いです。
頭がよくなるとか、中性脂肪を減らすとかここ数年で注目度が高い成分で
少し探せば多種多様なサプリメントがあります。

ADHDの市販薬に関してのまとめ

市販薬にはADHDを治療できる物はありません。

しかし 「不注意」「多動性」「衝動性」といったADHDの症状を抑えるのには効果的です。

不注意・多動性の緩和にはDHA

衝動性を抑えたい方にはEPA
がオススメです。

処方薬との併用も可能なので合わせて服用するとより効果が得られる場合もあります。
服用を望まれる方は担当する医師に相談してください。

スポンサーリンク