ADHDは注意欠陥多動性障害とも呼ばれている発達障害の一種です。

不注意 多動性 衝動性

上記の三つがADHDの特徴です。

幼少時にはほぼ全ての子供にある要素のため、発達障害と認識するのが難しく

「しつけがされていない」 「乱暴者」

などと誤解を受けている場合も多いです。

ADHD 遺伝 する しない

ADHDは遺伝するのか??

現在の医学では「ADHDは遺伝するのか?遺伝しないのか?」

という問いに対する明確な答えは出ていません。

しかし「遺伝する可能性が高い」という考えられ方がされています。

理由はADHDの子供の脳を検査した結果

神経伝達物質に異常が見られたという実験結果からです。

ADHDの原因は遺伝以外にも沢山あります

脳機能の障害であるADHDが発症する原因は現在の医学ではまだ明らかにされていない部分が多いです。

要因として考えられるのは

「妊娠中の胎内環境」 「出産後の頭部外傷」

「遺伝的な要因」 「家庭環境」が代表的な要因とされています。

また発症が確認されるのも個人差が大きいです。

早い場合は4歳頃に既に症状が出ますが

成人になってから診断される方も沢山いらっしゃいます。

親の家庭環境が大きな影響を与える

血のつながりに関係なく家庭内でADHDの母親、父親のいずれかに育てられた子供は高い確率でADHDを発症しています。

そのため遺伝的要因以上に家庭環境が大きな要因とされています。

家庭内でADHDの特徴である不注意、多動性、衝動性な行動を幼少期に体験してしまうとADHDを発症してしまう確率が極めて高くなります。

ADHDは遺伝するのか?遺伝しないのか?のまとめ

いかがでしたか??

ADHDが遺伝するかは答えは出ていないですが脳検査の結果

「遺伝する可能性が高い」という考え方が一般的なようです。

しかしADHDの原因は複数あります。

特に遺伝以上に家庭内環境が重要という意見も多いです。